• admin@mackenziefoust.com

通貨の比較方法には二つある

admin      0

通貨の比較方法には二つある

外国為替市場では、通貨の表示の仕方に二つの方法があります。

一つは、外国の通貨一単位をその国の通貨であらわしたもので、それを「自国通貨建て」といいます。その代表的なものが「1ドル120円」というような表示です。これでいくと「1ポンド199円」「1マルク叩円」というように、その国の通貨に対して自国の交換通貨の金額がわかるので、大変便利です。

アメリカの場合の自国通貨建ては、マルク、ポンドは一単位ですが、円は1円では数字が細かくなるので100円単位で表示されます。

「100円  0.82ドル」という具合なのです。そのほかのヨーロッパ通貨では「1ドイツマルク 0.592ドル」となり、「1ポンド 1.652ドル」という表示です。ここでは、ドイルマルクの強さがわかります。

一方、「外国通貨建て」というのは、自国の通貨を一単位とするもので、これはイギリスが通常とっているレlトです。ユーロは同様の表示をしています。かつての基軸通貨としての名残といえます。しかし、残念ながら今はポンドを持って東南アジアにいっても通用するところはまずありません。

Leave a Reply

外貨両替ニューズ

管理人:熊本 智博

    • こんにちは。サイト管理人の熊本 智博です。外貨両替についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@mackenziefoust.com

免責事項

    WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

外貨 オンライン

    • 外貨オンライン