• admin@mackenziefoust.com

顧客相場の決まり方とは

admin      -

顧客相場の決まり方とは

みなさんが外貨売却やトラベラーズ・ チェックの売買をしに銀行へ行くと、外国為替レートを表示しているボードや表を目にすることがあると思います。ここに表示されているレートは基本的に一日中変わらず、これが銀行と取引する際の顧客相場になるのです。

しかし、銀行間市場では朝から絶えず外国為替レートが変動しています。このように変動する外国為替レートの午前10時頃の値を「中値」といい、顧客相場のベースとなります。

具体的に説明しますと、ある日の午前10時頃の銀行間市場の外国為替レートが13020銭だった場合、この13020銭が中値となり、これに1円加えた13120銭を電信売り相場 (TTS)、中値から1円マイナスした12920銭を電信買い相場(TTB)として銀行は顧客相場を建てます。

電信売り相場は、みなさんが銀行から外国為替を買うときの、 電信買い相場は銀行に外国為替を売るときのレートということです。中値に1円加減していますが、これは銀行に対する手数料のようなものです。したがって、銀行間市場のレートが中値から1円以上変動したときは、原則として顧客相場は市場連動制となり、その時々の銀行間市場の実際のレートに基づいて決まります。

この顧客相場は、小口のお客さんに適用されるのが基本で、大口のお客さんとの取引は常ににその時点での銀行間市場のレートが使われます。 顧客相場は現在では自由化されていて、各銀行が独自に決めることもできます。

通貨の顧客相場は銀行によって変わりますので、 通貨に応じて銀行を選ぶことが大切です。

外貨両替ニューズ

管理人:熊本 智博

    • こんにちは。サイト管理人の熊本 智博です。外貨両替についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@mackenziefoust.com

免責事項

    WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

外貨 オンライン

    • 外貨オンライン