• admin@mackenziefoust.com

外国為替の売値と買値

admin      -

外国為替の売値と買値

外貨購入や外貨売却といった取り引きにおいて、外国為替のレートは常に変動し続けていいます。このレートは、実は一つだけしか値がつかないものではないのです。

外国為替市場においては、「売値」「買値」という二つの値があるのが一般的です。あなたが外貨を買いたいと思った時は市場における売値で買うことになり、反対に売りたいと思った時は市場での買値で売ることになります。そして取引が成立するたびに、どんどん前と異なる売値と買値が建っていくわけです。この購入と売却の繰り返しこそが、外国為替レートが変動する仕組みなのです。

売値と買値を数字で表わすと、円/ドルレートの場合「140.10-15」「140.15-20」「140.20-25というようになります。「140.10-15」の意昧は14010銭でドルを購入する人と、14015銭でドルを売却する人が存在するという意味です。この場合、ドルを購入したいと考えている人は1ドル14015銭で買うことになります。基本的に市場では、買う人がいると値が上がります。そして、次のレートとして14015銭でドルを買う人がいて14020銭でドルを売る人がいるというレートが出来上がります。この相場でも、まだドルを買いたいという人がいれば14020銭で1ドルを購入することになります。するとまた値が上がり、「140.20買い」の「140.25売り」という相場になります。

ここまで見てきたように、外国為替市場では常に買値と売値の相場が建っています。専門用語では、買値のことをBID(ビッド)、売値のことをOFFER(オファー)と呼びます。

外貨両替ニューズ

管理人:熊本 智博

    • こんにちは。サイト管理人の熊本 智博です。外貨両替についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@mackenziefoust.com

免責事項

    WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

外貨 オンライン

    • 外貨オンライン